病児保育ご利用の前に

 

 37.5℃以上の熱がある場合、感染症に罹患した場合、激しい嘔吐・下痢症状のある場合は、病児保育とさせていただきます。

・病児保育は1時間毎に+200円が別途掛かります。

・お子さまの普段の様子を正しく把握しておく必要があるため、病児保育のご利用は3回目以降とさせていただきます。

・必ず、事前に医師の診察を受け、第三者による保育が可能と診断された場合のみお預かりいたします。

・病児・病後児保育ご利用者様向けの「同意書」に署名捺印の上、ご提出ください。  

  ※同意書・与薬についての依頼書および同意書はコチラからダウンロードできます。

  

与薬(投薬)について

与薬(投薬)は医療行為に位置づけられており、本来、チャイルドマインダーが与薬をすることは出来ません。

ただし、やむを得ない理由で保護者様が投薬できない場合のみ、保護者様に代わってチャイルドマインダーが与薬をいたします。

与薬の際には「与薬についての依頼書及び同意書」に署名・捺印の上、ご提出ください。

 

・薬は医師からの処方により薬局で調剤されたものに限ります。(市販薬はお受けできません)

・1回分ずつに分け、「与薬についての依頼書および同意書」と合わせてお渡しください。

・坐薬や吸入薬など、症状を判断して使用するものは原則として行いません。やむを得ず使用する場合には、医師からの具体的な指示書を添付してください。尚、使用にあたってはその都度、保護者の方に確認の連絡をいたします。

ご用意いただく物

 

・同意書

・与薬依頼書及び同意書(投薬がある場合)

・お薬(処方された場合)

・体温計

・クーリングに必要な物(保冷剤・熱冷まし用冷却シート)

・タオル

・飲料水

・着替え      

・ビニール袋     

・新聞紙      

・乳幼児医療証

・保険証

・診察券

・お薬手帳

・ご自宅の鍵

・預かり金 5,000円(急な診察時に使用します)

 

印…嘔吐・下痢症状がある場合は多めにご用意ください。

その他、お子さまの状態に合わせ、必要な物をご用意ください。

注意事項

 

容態の変化・与薬の確認・受診の相談等、ご連絡する機会が増えることが予想されます。

通常のお預かり時よりも連絡を取りやすい状態でお預けください。